Home > 1882年(明治15年) > 立憲改進党結党式

立憲改進党結党式

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

立憲改進党
細木原青起画

1882年(明治15年)3月16日、沼間守一、田口卯吉らの桜鳴会及び矢野文雄、箕浦勝人、尾崎幸雄、犬養毅ら概ね慶応義塾出身者より成る東洋議政会は、明治14年の政変で下野した大隈重信と相呼応して、一の政党を組織して立憲改進党と名づけ、京橋区木挽町(現中央区銀座3丁目)明治会堂で発会式を挙げます。

総理は大隈重信、副総理は河野敏鎌。

板垣さんが自由党の旗を揚げて間もなく大隈さんは改進党を組織した。その主意の中には「国権の拡張、社会進歩の度に随い選挙を進濶する事」などの文字が見えて板垣さん程過激ではないが、共に野に放たれたる虎で、政府を盛んにおびやかした。

『漫画明治大正史』より

これが後の民政党の主体を成すものとなります。

拍手する

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ 人気ブログランキングへ

関連エントリー


Comments:0

Comment Form

Home > 1882年(明治15年) > 立憲改進党結党式

Twitter

坂の上の雲 on Twitter

坂の上の雲 on Twitter

Information
Books

「明治」という国家

Calendar
« 2009年3月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
Search
Photos
Tag Cloud
Links
Feeds
Blog Parts

あわせて読みたいブログパーツ

Return to page top