Home > 1895年(明治28年) > 清国講和全権李鴻章来る

清国講和全権李鴻章来る

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

引接寺
宮尾しげお画「引接寺」

1895年(明治28年)3月19日、清国講和全権李鴻章日清戦争の講和談判の為に日本にやって来ました。

李鴻章
李鴻章

日清戦争の於いて、日本軍は威海衛を占領し、清国の北洋艦隊を全滅せしめ、遼東半島を手中に収め、今や長駆北京を衝く勢を示したので、清国は和睦を求め、さきに張・邵両使を講和使として派遣してきますが、日本は厳しくこれを拒否した為。次いで北洋大臣直隷総督李鴻章を、全権委員として送り、一行はこの日馬関(現下関市)に到着しました。

清国全権弁理大臣李鴻章が講和談判にやってきた。李達の旅館は、会見場所の春帆楼のの隣の引接寺、地続きでコソコソと歩いて来られる所だが、李鴻章は大袈裟に行列を作って、見得坊の葬式の様に、迂回して春帆楼に入ったものだ。
「漫画明治大正史」(昭和3年)
拍手する

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ 人気ブログランキングへ

関連エントリー


Comments:0

Comment Form

Home > 1895年(明治28年) > 清国講和全権李鴻章来る

Twitter

坂の上の雲 on Twitter

坂の上の雲 on Twitter

Information
Books

「明治」という国家

Calendar
« 2009年3月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
Search
Photos
Tag Cloud
Links
Feeds
Blog Parts

あわせて読みたいブログパーツ

Return to page top