Home > 1895年(明治28年) > | 聖徳記念絵画館 > 昭憲皇太后、広島予備病院行啓

昭憲皇太后、広島予備病院行啓

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

広島予備病院行啓
聖徳記念絵画館 壁画「広島予備病院行啓」
石井柏亭 筆
日本学舎・日本帥会 奉納
1895年(明治28年)3月22日
広島陸軍予備病院

1895年(明治28年)3月22日、昭憲皇太后は広島陸軍予備病院本院を行啓、病室に臨みて親しく患者を慰問します。

日清戦争が起こると、皇后は自ら作った包帯を負傷者に賜わり、あるいは義手義足を賜うなど、出征軍人に対していろいろと気遣っていました。

1895年(明治28年)3月17日、皇后は傷病者を見舞うため、宮城(皇居)を発し、19日広島に到着します。22日から28日にかけて、陸軍予備病院及び海軍病院を見舞います。各病室を巡り親しく患者を慰問したとのことです。

殊に第二分院に行啓の日は、生憎の雨であったため周りの者が延期を申し上げますが、皇后は、

「患者に差し障りがないのならば、天候など問題ではありません。」

と言い、予定通り病院を見舞います。

拍手する

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ 人気ブログランキングへ

関連エントリー


Comments:0

Comment Form

Home > 1895年(明治28年) > | 聖徳記念絵画館 > 昭憲皇太后、広島予備病院行啓

Twitter

坂の上の雲 on Twitter

坂の上の雲 on Twitter

Information
Books

「明治」という国家

Calendar
« 2009年3月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
Search
Photos
Tag Cloud
Links
Feeds
Blog Parts

あわせて読みたいブログパーツ

Return to page top