Home > 1900年(明治33年) > 日本初の電気自動車お目見え

日本初の電気自動車お目見え

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

自動者
貿易商トーマス・グラバーが使用していた自動車(明治30年代)

自動車の出現は世界の交通文化に一大転機を劃しました。その自動車もいつの頃日本に登場したのかは、判然とした記録が残っていません。

二三の文献に依りますと、1900年(明治33年)5月10日、皇太子(後の大正天皇)が、九条道孝公爵第四女節子姫を迎えられ、目出度く御成婚の式典を挙げられ、その奉祝のため、在留サンフランシスコ日本人会より、陸奥広吉領事の手を経て、一台の電気自動車が献上されたという記録があります。

それが果たして何月何日に荷着したものか定かではありませんが、『鉄道商工要覧』に依りますと、高田商会という会社の一技師が、東京の紀国坂で試運転を行っています。

自動車は動くには動きますが、直ぐにブレーキが故障しお堀の中に転落したので、その後は修復も加えず、危険な乗物として誰も手をつける者がなかったとのことです。

それから7年目の1907年(明治40年)となって、初めて自動車も実用期に入り、東京の自動車数は16台となり、1908年(明治41年)には倍加して31台、1909年(明治42年)には69台、更に1934年(昭和9年)に於ける東京府下の自動車総数は25,230台という激増振りを示します。

拍手する

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ 人気ブログランキングへ

関連エントリー


Comments:0

Comment Form

Home > 1900年(明治33年) > 日本初の電気自動車お目見え

Twitter

坂の上の雲 on Twitter

坂の上の雲 on Twitter

Information
Books

「明治」という国家

Calendar
« 2009年5月 »
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
Search
Photos
Tag Cloud
Links
Feeds
Blog Parts

あわせて読みたいブログパーツ

Return to page top