Home > 1893年(明治26年) > 海軍軍令部条例公布

海軍軍令部条例公布

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

中牟田倉之助
中牟田倉之助

1893年(明治26年)5月20日、海軍軍令部条例公布により海軍軍令部が東京の赤坂に発足しました。

それまでの海軍の軍令事項は1884年(明治17年)の海軍省軍事部以来、順次参謀本部海軍部・海軍参謀本部・海軍参謀部の機構で処理されていました。海軍軍令部は、陸軍の参謀本部に当るもので、海軍の国防用兵に関する事を掌ります。長官を軍令部長といい親補職で、天皇に直隷し、帷幄の機務に参し、軍令部の部務を統理し、戦時には大本営海軍幕僚長となります。

初代軍令部長は、中牟田倉之助となります。

その職としては海軍国防用兵に関することを計画し、親裁の後海軍大臣に移して実行することになっています。部長の下に次官・副官各一人、参謀数人が置かれ、参謀は庶務・出師及び作戦計画・艦船配備、並びに出進役務、艦隊軍隊の編成演習検閲、その他軍事上必要な地点の選定及び防禦計画・軍事諜報・翻訳編纂等のことを分掌しています。他に出仕として海軍将校及び同相当官数名を置きます。

庁舎は1894年(明治27年)に霞ヶ関に移転。

陸軍の参謀本部の強大な権限にならって海軍省に対する地位を向上させたいとする願望が、大正末期から海軍軍令部内に潜行し、これは1933年(昭和8年)10月1日伏見宮博恭王が部長のときに軍令部へ改編され実現します。改編による軍令部の権限強化は太平洋戦争に大きな影響を及ぼします。

拍手する

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ 人気ブログランキングへ

関連エントリー


Comments:0

Comment Form

Home > 1893年(明治26年) > 海軍軍令部条例公布

Twitter

坂の上の雲 on Twitter

坂の上の雲 on Twitter

Information
Books

「明治」という国家

Calendar
« 2009年5月 »
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
Search
Photos
Tag Cloud
Links
Feeds
Blog Parts

あわせて読みたいブログパーツ

Return to page top