Home > 1904年(明治37年) > 日本写真の開祖、上野彦馬没す

日本写真の開祖、上野彦馬没す

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

上野彦馬
上野写真館撮影の上野一家の写真(前列右が上野彦馬、左は弟の幸馬)

1904年(明治37年)5月22日、日本写真の開祖と言われた、上野彦馬が長崎の自宅で亡くなりました。享年67歳でした。

上野彦馬は、長崎の人で、砲術測量術で名のある上野俊之丞の四男として誕生します。1857年(安政4年)、オランダの医官ポンペの来日によって、長崎海軍伝習所に医学伝習所が新たに設けられ、医学・物理・化学をはじめ西洋諸科学の伝習が行われましたが、彦馬もそこに入り修学していましたが、或る時写真術に関する蘭書を読んで興味を持ちます。

ポンペの指導により彦馬の湿板写真の研究がここより始まりますが、修得までには種々苦心があり、諸材料が整わない為、カメラのレンズは、輸入品の古望遠鏡を壊して器械を自製し、アルコールはポンペから譲り受けたジンから、青酸カリは牛の血から、アンモニアは牛骨を煮詰めて採取しましたが、あまりの臭気に近所の訴えで奉行所から呼び出しを受けたと云います。

ちなみに、彦馬が人物撮影に成功した最初のモデルは松本良順でした。

苦心の結果、漸く目的を達することができた彦馬は、1862年(文久2年)11月、長崎に上野撮影局を開設し、職業写真家の開祖の一人となります。実地研究を重ねると共に技術も上達し、外国人でさえ彦馬に撮影されるのを誇りにしたと云います。

やがて長崎を訪れた幕末の若き志士たちが、新奇を求めて彦馬の写真館に姿を現し始め、坂本龍馬、中岡慎太郎、高杉晋作、井上聞多(井上馨)、伊藤俊介(伊藤博文)、桂小五郎(木戸孝允)、大隈八太郎(大隈重信)等の写真が、彦馬の撮影によって現代に残されています。

さらには、1874年(明治7年)に太陽面を通過する金星を、1877年(明治10年)には西南戦争の戦跡を撮影しています。

拍手する

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ 人気ブログランキングへ

関連エントリー


Comments:0

Comment Form

Home > 1904年(明治37年) > 日本写真の開祖、上野彦馬没す

Twitter

坂の上の雲 on Twitter

坂の上の雲 on Twitter

Information
Books

「明治」という国家

Calendar
« 2009年5月 »
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
Search
Photos
Tag Cloud
Links
Feeds
Blog Parts

あわせて読みたいブログパーツ

Return to page top