Home > 1904年(明治37年) > | 乃木希典 > 乃木将軍の出陣

乃木将軍の出陣

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

乃木希典
乃木希典

乃木希典将軍が、日露戦争の出征に、いよいよ出発というその前日、東京の自邸で送別の宴を催したのが、1904年(明治37年)5月26日の事でした。

この日の将軍の日記に、

本日、皇太子殿下より拝領の清酒は、午後司令部にて分配。自宅にて鮨を作り、親族を招く。中尾氏勝武士(鰹節)一袋持参、葬式のこと遺言。夜11時廊を拝す

という簡潔な文面のうちにも、将軍の決意が記されています。

招かれた親類縁者には、静子夫人の手料理になるお鮨が出され、送別の宴半ばに、夫人への遺言が申し渡されます。

「さて勝典、保典、及び自分の三人とも戦場へ向った以上、生きて還る事は先づあるまい。三人のうち誰が真先に討死をしても、戦争が終るまでは葬いをしてくれるな。何れ三人の遺骨が揃った処で、親子三人一緒に棺を出してくれ。よいか」

と言うのでありました。

夫人は動ずる色もなく、「はい、仰せを守ります」と一言。この夫妻の泰然たる態度には、同席の親族の人々が却って寂として声なく、密かに涙を呑んだとい云います。

さて、ちょうどこの日は、南山の激戦の日でした。

第一、第三、第四の三個師団が、前夜来の猛雨と濃霧を冒して突撃また突撃、一方金州湾にある四隻の軍艦が、これに呼応して砲撃を加え、水陸両面から攻立てたので、さしもの堅塁も遂に潰滅、残敵は82門の山砲を棄てて辛くも旅順方面に逸走した。

この時の日本軍死傷者は約4,300人。多くの死傷者の中に、乃木将軍の長男勝典がいました。敵弾のため重傷を負い、野戦病院にかつぎ込まれ、間もなく28日絶命しました。乃木将軍の発途と僅か一日違いの事でした。

拍手する

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ 人気ブログランキングへ

関連エントリー


Comments:0

Comment Form

Home > 1904年(明治37年) > | 乃木希典 > 乃木将軍の出陣

Twitter

坂の上の雲 on Twitter

坂の上の雲 on Twitter

Information
Books

「明治」という国家

Calendar
« 2009年5月 »
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
Search
Photos
Tag Cloud
Links
Feeds
Blog Parts

あわせて読みたいブログパーツ

Return to page top