Home > 1884年(明治17年) > 日本最初のバザーが鹿鳴館で開かれる

日本最初のバザーが鹿鳴館で開かれる

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

鹿鳴館
鹿鳴館

1884年(明治17年)6月12日、日本最初のバザーが東京日比谷の鹿鳴館で開かれました。

この日より3日間、鹿鳴館の壇上には約3,000点の手芸品その他を陳列して、喫茶室や食堂まで儲け、新聞広告で客を招くという具合に、その頃としては前例のない斬新な試みでありました。

「婦人慈善会」という名で開かれたバザーは、当時の貴族や政界の夫人総出の催しとなり、この3日間の入場者は実に約12,000人、その売上は約8,000円に達し、バザーは大盛況のうちに終了したのでした。

なお、その収益は看護婦養成所に寄附されたと云います。

拍手する

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ 人気ブログランキングへ

関連エントリー


Comments:0

Comment Form

Home > 1884年(明治17年) > 日本最初のバザーが鹿鳴館で開かれる

Twitter

坂の上の雲 on Twitter

坂の上の雲 on Twitter

Information
Books

「明治」という国家

Calendar
« 2009年6月 »
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Search
Photos
Tag Cloud
Links
Feeds
Blog Parts

あわせて読みたいブログパーツ

Return to page top