Home > 1888年(明治21年) > 東京天文台、麻布に新設される

東京天文台、麻布に新設される

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

東京天文台
東京天文台

1888年(明治21年)6月1日、帝国大学の学生用観象台と海軍省観象台と内務省地理局が統合され、帝国大学付属として東京麻布飯倉に設立されました。

東京麻布に海軍省が持っていた、日本最大の天文観測施設「観象台」も引き継がれ、「天文台」に改称されました。この時から、天体観測施設の名称として「天文台」が使われることになります。

初代台長は寺尾寿。

1924年(大正13年)に、三鷹に移転。

1988年(昭和63年)緯度観測所などを併合し、文部省へ移管。

拍手する

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ 人気ブログランキングへ

関連エントリー


Comments:0

Comment Form

Home > 1888年(明治21年) > 東京天文台、麻布に新設される

Twitter

坂の上の雲 on Twitter

坂の上の雲 on Twitter

Information
Books

「明治」という国家

Calendar
« 2009年6月 »
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Search
Photos
Tag Cloud
Links
Feeds
Blog Parts

あわせて読みたいブログパーツ

Return to page top