Home > Archives > 2009年7月 Archive

2009年7月 Archive

豊島沖の海戦

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

ショバイオール沖の戦
小林克己画「ショバイオール沖の戦」

1894年(明治27年)7月25日、仁川南西方の豊島沖で日本海軍は清国艦隊を砲撃しましす。

坪井少将の率いる吉野、浪速、秋津の三艦、朝鮮沿海の居ると清国「済遠」「広乙」と行違いに支那側発砲した。此の時浪速の艦長が東郷平八郎、第一発は東郷さんの艦から発射、一つは沈没一つは火災おまけに、高陞号まで分捕った。李鴻章此の報を聞いて「日本は海賊の様だ」と列国に吹聴した。宣戦布告をまだしなかったから。
「漫画明治大正史」より

続きを読む

黒田清隆、北海道開拓使官有物の払下げを申請す

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

黒田清隆
黒田清隆

1881年(明治14年)7月21日、北海道開拓使長官黒田清隆の主張で、開拓使官有物の払下げ計画が太政大臣に申請しました。

黒田清隆の計画は開拓使10年計画の満期を迎え、総額1,500万円にのぼる費用をかけた開拓使所有の不動産などを、38万円余・無利息・30年賦という廉価で法外な好条件で、同郷の政商関西貿易商会の五代友厚らに払い下げようというものでした。

続きを読む

岩倉具視、薨去

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

岩倉具視
岩倉具視

1883年(明治16年)7月20日、岩倉具視が病の為亡くなります。

明治維新の功臣、堀川康親の第二子、岩倉具慶の養子となる。文久元年、公武合体の説に讃し、勅勘を蒙りて洛外岩倉村に閑居落髪して友山と号す。明治維新の際、王政復古の大業、その画策に成るものが多かった。明治4年全権大使として欧米に赴き、その制度文物を視察して帰り、西郷隆盛らの征韓論に反対した。累進して右大臣となり、輔弼の功頗る大であった。15年大勲位に叙せられ、16年7月病に罹り、19日病革る。明治天皇「朕親く前右大臣と訣せんとす」と仰せられて、その邸に臨幸あり、岩倉具視流涙、首を擡げ、ただ合掌して恩を謝す。 天皇親問し給いて「前右大臣、病、如何」と「臣はただ、陛下の萬歳を祈り奉るのみ」と、君臣相対して、少時黙然、侍者皆涕を飲むのみであった。かくして岩倉具視は翌20日午前7時45分を以て薨じた、年59。天皇震悼あらせられ、廃朝3日、且つ陸軍・海軍・司法三省に命じて死刑執行を停めしめられ、23日柩前に御誄詞を賜い、25日国葬を以て東京府下荏原郡浅間台に埋葬した。
「歴史回顧日々読本」(昭和6年刊)より

明治天皇、岩倉具視を見舞う

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

岩倉邸行幸
聖徳記念絵画館 壁画「岩倉邸行幸」
北蓮蔵 筆
東京商工会議所 奉納
1883年(明治16年)7月19日
東京馬場光門内岩倉具視

1883年(明治16年)7月19日、明治天皇は右大臣岩倉具視邸に臨み親しくその病床を見舞います。

続きを読む

外国人の内地雑居が許される

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

内地雑居実施
池部均画「内地雑居実施」

1899年(明治32年)7月17日、条約が改正され外国人の内地雑居が開始されました。

1879年(明治12年)以降、条約改正の方針は治外法権の撤廃が優先され、その過程で居留地の撤廃による内地雑居、いわゆる外国人に日本国内での居住や旅行・営業の自由を与え、内地を解放する必要がありました。

続きを読む

日本初の本格リゾートホテル、富士屋ホテル開業

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

富士屋ホテル
明治30年頃の富士屋ホテル

1878年(明治11年)7月15日、山口仙之助は500年近い歴史をもつ旅館藤屋を買収し、富士屋ホテルと改称、外国人専門の本格リゾートホテルとして営業を開始します。

続きを読む

正岡子規の墓誌銘

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

墓誌銘

明治31年7月13日、正岡子規は「正岡子規又ノ名ハ処之助又ノ名ハ升又ノ名ハ子規又ノ名ハ獺祭書屋主人又ノ名ハ竹の里人・・・」という墓誌銘を、河東銓にあてて書き送ります。

正岡子規又ノ名ハ処之助又ノ名ハ升又ノ名ハ子規又ノ名ハ獺祭書屋主人又ノ名ハ竹の里人伊豫松山ニ生レ東京根岸ニ住ム父隼太松山藩馬廻加番タリ卒ス母大原氏ニ養 ハル日本新聞社員タリ明治三十□年□月□日没ス享年三十□月給四十圓

続きを読む

東経135度の子午線時を本邦一般の標準時と定める

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

1886年(明治19年)7月12日、東経135度の兵庫県明石市の時刻を日本の標準時とすると勅令が公布されました。

標準時及正午報
勅令第五十一号(明治19年7月12日)
朕本初子午線経度計算方及標準時ノ件ヲ裁可シ茲ニ之ヲ公布セシム
 一 英国グリニツチ天文台子午儀ノ中心ヲ経過スル子午線ヲ以テ経度ノ本初子午線トス
 一 経度ハ本初子午線ヨリ起算シ東西各百八十度ニ至リ東経ヲ正トシ西経ヲ負トス
 一 明治二十一年一月一日ヨリ東経百三十五度ノ子午線ノ時ヲ以テ本邦一般ノ標準時ト定ム


東経135度の子午線を、太陽が通過する時刻が正午となり、これにより明石市の正午が、全国の正午ということになったのでした。

続きを読む

慶應義塾大学野球部、ハワイに初遠征

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

慶應義塾大学野球部
慶應義塾大学野球

1908年(明治41年)7月11日、ハワイに於て慶應大学の野球選手が、アメリカ選手と野球の試合をしたのが、慶應義塾大学野球部初の海外遠征試合でありました。

慶應野球部はハワイに於て挙行された万国野球競技に加盟するため、鷲澤監督と斉藤マネージャーに率いられた選手10名は、

  • 投手  小山、福田
  • 捕手  肥後
  • 一塁  村上
  • 二塁  阿部
  • 三塁  神吉
  • 遊撃  佐々木
  • 右翼  亀山
  • 中堅  大橋
  • 左翼  高濱(主将)

続きを読む

明治天皇、東京帝国大学行幸

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

東京帝国大学行幸
聖徳記念絵画館 壁画「東京テ国大学行幸」
藤島武ニ 筆
侯爵 前田利為 奉納
1912年(明治45年)7月10日
東京帝国大学正門

1912年(明治45年)7月10日、明治天皇は東京帝国大学の卒業式に臨幸される。

続きを読む

日本最初の生命保険会社、明治生命保険会社創立開業す

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

明治生命
明治生命保険会社

1881年(明治14年)7月9日、日本最初の生命保険会社である、明治生命が開業しました。

生命保険は、1867年(慶應3年)の福沢諭吉著書『西洋旅案内』で「人の生涯を請合う事」として日本に紹介されました。その後福沢に師事した阿部泰蔵がアメリカに留学して保険業を学び、東京に明治生命保険会社を設立し、初代頭取となります。

続きを読む

講和全権小村寿太郎外相一行、横浜を出発

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

小村寿太郎全権一行
小村寿太郎全権一行(中央が小村寿太郎

1905年(明治38年)7月8日、日本はアメリカ大統領セオドア・ルーズベルトの提議を容れ、ロシア全権と講和の談判をなすべく、全権外相小村寿太郎が汽船ミネソタ号にて横浜を出発、アメリカのポーツマスに向いました。

続きを読む

大阪天王寺に「新世界ルナパーク」開業

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

通天閣
新世界ルナパーク

1912年(明治45年)7月3日、大阪天王寺に「新世界ルナパーク」が開業しました。

大阪天王寺公園柵外の地4万坪余を一般に開放し、娯楽場に資せんとする市当局の意向により、大阪土地建物会社の経営するところで、エッフェル塔式高塔を中心として、四方八面に展開した娯楽園で、その高塔通天閣はは高さ250尺に達し、当時の一大偉観であった。活動写真館、動物園、メリーゴーランド、飛瀑噴泉、演舞場、高塔白塔間の索道飛行船などがあって、もっとも尖端的な遊覧場であった。
大阪市史より

続きを読む

東郷平八郎の初陣、薩英戦争

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

東郷平八郎
23歳の時の東郷平八郎(写真後列の右)

1863年(文久3年)7月2日、薩摩一藩とイギリスの軍艦7隻とが、互に銃砲を交え戦火を開いた薩英戦争が起ります。

事の起こりはその前年の8月、武州の生麦に於て島津久光の行列を横切った英国人数名をその場で斬棄てた、いわゆる生麦事件の責任を問うため、同年6月27日クーパー提督率いるイギリス艦隊7隻が代理公使クールらを乗せ鹿児島湾に来航します。

イギリスは鹿児島藩に対し、犯人の逮捕処罰・25000ポンドの賠償金を要求しますが、島津家では行列を横切った無礼者を成敗するのは日本古来の固い掟であり、謝罪する筋は毛頭御座らぬと要求をはねつけてしまいます。

続きを読む

初の総選挙を実施(第一回衆議院議員総選挙)

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

第一回総選挙
小川千甕画「第一回総選挙」

1890年(明治23年)7月1日、衆議院議員選挙法および同施行規則にもとづき第一回衆議院議員総選挙が実施されます。

そもそも、御維新の政府が、征韓論で分裂、民間には自由民権論が勃興、政府は官僚藩閥政治で対戦、やッさもッさの大波乱の果ての大収穫――
第一回総選挙がいよいよ実行された。
「漫画明治大正史」より

続きを読む

Index of all entries

Home > Archives > 2009年7月 Archive

Twitter

坂の上の雲 on Twitter

坂の上の雲 on Twitter

Information
Books

「明治」という国家

Calendar
« 2009年7月 »
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Search
Photos
Tag Cloud
Recent Comments
  • くじら: 貴重な資料をゲットさ read more
  • mijeoung Park: とても貴重なしりょう read more
  • 匿名: ダンディ坂野だな read more
  • 黙魚: たのしく読ませていた read more
  • ジョウンベラ: 絵の中心にいる人物は read more
  • ジョウンベラ: 絵の中心にいる人物は read more
  • 紀州: ひさしぶりにおじゃま read more
  • 和田壽弘: 日本最初の博士の一人 read more
  • 匿名: 最後の行、”戦士”で read more
  • Yuki: タケオさんの写真が素 read more
Links
Feeds
Blog Parts

あわせて読みたいブログパーツ

Return to page top