Home > 1908年(明治41年) > 慶應義塾大学野球部、ハワイに初遠征

慶應義塾大学野球部、ハワイに初遠征

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

慶應義塾大学野球部
慶應義塾大学野球

1908年(明治41年)7月11日、ハワイに於て慶應大学の野球選手が、アメリカ選手と野球の試合をしたのが、慶應義塾大学野球部初の海外遠征試合でありました。

慶應野球部はハワイに於て挙行された万国野球競技に加盟するため、鷲澤監督と斉藤マネージャーに率いられた選手10名は、

  • 投手  小山、福田
  • 捕手  肥後
  • 一塁  村上
  • 二塁  阿部
  • 三塁  神吉
  • 遊撃  佐々木
  • 右翼  亀山
  • 中堅  大橋
  • 左翼  高濱(主将)

野球部は、「天は晴れたり」の慶應応援歌に送られて、コレア号で横浜港を出帆し、7月11日初めてブナホーと戦ったのを皮切りに、リーグ戦の戦果6勝5敗、敵軍の得点が59に対し、慶應の得点は42点まで漕ぎつける奮戦をしており、最初の対外試合としては優秀の成績を挙げ、同年9月11日に帰国します。

その翌年の1909年(明治42年)9月22日には、アメリカの野球選手を日本に招いて、野球試合が催されるという具合に、スポーツ界の野球熱は、明治41、2年を契機として頓に盛んになり、対外的に雌雄を決しようとする意気に到ります。

固より日本の野球界は誕生以来日なお浅く、まだ発育時代であったので、外国選手を打負かす程の成績を挙げ得れなかった事は言うまでもありません。

拍手する

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ 人気ブログランキングへ

関連エントリー


Comments:0

Comment Form

Home > 1908年(明治41年) > 慶應義塾大学野球部、ハワイに初遠征

Twitter

坂の上の雲 on Twitter

坂の上の雲 on Twitter

Information
Books

「明治」という国家

Calendar
« 2009年7月 »
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Search
Photos
Tag Cloud
Links
Feeds
Blog Parts

あわせて読みたいブログパーツ

Return to page top