Home > 1883年(明治16年) > | 聖徳記念絵画館 > 明治天皇、岩倉具視を見舞う

明治天皇、岩倉具視を見舞う

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

岩倉邸行幸
聖徳記念絵画館 壁画「岩倉邸行幸」
北蓮蔵 筆
東京商工会議所 奉納
1883年(明治16年)7月19日
東京馬場光門内岩倉具視

1883年(明治16年)7月19日、明治天皇は右大臣岩倉具視邸に臨み親しくその病床を見舞います。

明治16年7月19日、車駕、右大臣岩倉具視の邸に臨みて、其の疾患を問わせたまう。是より先、具視病みて家に臥護するや、是月5日、親しく之を問わせたまいしが、是日早旦病革なる旨聞しめし、俄に駕を命じて再び之を親問あらせらる。儀衛未だ備わらず、当直の近衛士官纔に騎従す。具視其の報を聞き、左右に命じ衣を更めんとすと雖も、哀憊甚しく、起臥自由を失う、乃ち袴を衾上に置き以て礼装に代ふ。既にして車駕至り、具視の褥室に臨みたまいて曰く、具視如何と。具視の妻槙子、嗣子具綱の婦增子二人側に侍す。具視乃ち增子に扶けられて纔に半身を起し、合唱して天皇を拝す。感涙雙頬に滂沱たるのみ、復た一語の能く奉答するなし、一座黯然たり。

岩倉具視は、翌日の7月20日逝去。享年59歳でした。

拍手する

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ 人気ブログランキングへ

関連エントリー


Comments:0

Comment Form

Home > 1883年(明治16年) > | 聖徳記念絵画館 > 明治天皇、岩倉具視を見舞う

Twitter

坂の上の雲 on Twitter

坂の上の雲 on Twitter

Information
Books

「明治」という国家

Calendar
« 2009年7月 »
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Search
Photos
Tag Cloud
Links
Feeds
Blog Parts

あわせて読みたいブログパーツ

Return to page top