Home > 1890年(明治23年) > エルトゥールル号遭難事件と日本赤十字社

エルトゥールル号遭難事件と日本赤十字社

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

1890年(明治23年)9月16日、日本への友誼を求めて来航したトルコの特派大使オスマン・バシャの軍艦「エルトゥールル」号が、使命を果し明治天皇に親書と勲章を奉呈して帰国の途中、紀州灘で暴風に遭い沈没し600人余の死傷者を出したので、付近の漁民は死力を尽してこの救済に当りました。

一方急報に依って赤十字社では、直ちに兵庫県和田岬に救護員を派遣し、仮病院内で負傷者多数の応急手当を施し、その看護のため尽したのですが、これが日本に於ける赤十字社最初の外国軍人救護記録となりました。

拍手する

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ 人気ブログランキングへ

関連エントリー


Comments:0

Comment Form

Home > 1890年(明治23年) > エルトゥールル号遭難事件と日本赤十字社

Twitter

坂の上の雲 on Twitter

坂の上の雲 on Twitter

Information
Books

「明治」という国家

Calendar
« 2009年9月 »
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
Search
Photos
Tag Cloud
Links
Feeds
Blog Parts

あわせて読みたいブログパーツ

Return to page top