Home > 1894年(明治27年) > | 聖徳記念絵画館 > 日清戦争「黄海海戦」

日清戦争「黄海海戦」

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

日清役黄海海戦
聖徳記念絵画館 壁画「日清役黄海海戦
太田喜二郎 筆
大阪商船株式会社 奉納
1894年(明治27年)9月17日
黄海

1894年(明治27年)9月17日、日本連合艦隊は黄海において清国北洋艦隊と海戦、これを撃破します。

黄海海戦

日清戦争、平壌が陥落した9月16日の薄暮、連合艦隊司令長官伊東祐亨は、本隊の松島・橋立・比叡・扶桑を率い、第一遊撃隊吉野・高千穂・秋津洲・浪速を先鋒とし、赤城及び代用巡洋艦西京丸を随え大同江の錨地を発して、黄海北部の海洋島に向います。

9月17日の朝、海洋島付近に達しますが、敵の一艦影も認めず、依って更に進んで大狐山沖に向います。この時、水天髣髴の間、一大艦隊が排煙を延いて来るのに遭遇します。

これは清国北洋艦隊水師提督丁汝昌の率いる定遠以下の12艦と、6隻の水雷艇でした。5隻の運送船と護衛して平壌への援兵を上陸させて来た帰途だったのでした。

伊東祐亨
連合艦隊司令長官伊東祐亨

司令長官伊東中将は旗艦松島の艦橋上に卓立し、「先ず右方の敵の本隊を粉砕せよ」と第一遊撃隊に命令、遊撃隊司令官海軍少将坪井航三は緒艦を率いて猛進し、射距離内に入るや4艦一斉に砲火を開いて敵の右翼を衝き、本隊も直ちにその後に続いて、赤城と西京丸とを左側に擁護して進みます。

この時敵味方の砲火入り乱れ、かくて清国の2艦は日本艦隊の砲弾のために大火災を起し、1艦は沈没。更に清国の旗艦定遠の大檣が真っ二つに折れ信号を掲げなくし、その他の緒艦にも砲弾命中、続々火災を起し、更に1艦を沈没させたのでした。

日本艦隊も旗艦松島を始め相当の損害を蒙りますが沈没は免れます。

この時の様子を軍艦高千穂の4番分隊長であった小笠原長生大尉は、母に宛てた手紙で次のように語っています。

一昨日海戦の当夜は、あたかも十六宵の明日にて、忠義の血潮に染まりたる甲板を寂に照らす浄光は、真如の影かと奥床かしく、その際はまだ他艦において誰が生存え居るかをつまびらかにせず候いしゆえ、甲板上のあちこちに円座を作り、互に友の身の上を案ずる有様いかにもしおらしく、これが数時間前で阿修羅と荒れたって、生命のやり取りしつつありし猛者連かと思えば、何とはなしに涙ぐましく相成り候。
母上の御言いいつけの観世音の礼拝は、一日も怠り申さず、その夜も宮城の方を拝したる後、清水を捧げて祈念を凝らし候間、お案じ下されまじく候。
用介(幣家の有名な忠僕)は丈夫に致しおり候や。定めし毎日「朝念観世音、暮念観世音」と塩辛声を張上げおり候ならん、お序の節長生は無病息災にて御奉公なし居り、毎日観世音を礼拝していると御申聞け下されたく、さもなくては万一生還の折、鰒(ふぐ)の如き顔にて叱らるるのがおっかなく候。
下手の長談義にてさぞかしお読みづらく入らせしならん。先ずはこれにて筆とめ、重ねての便りに又復戦地の様子申上べく候。
返す返すも時候御厭い遊ばされ決して御無理などなされぬよう々も願上候。
あらあらめでたくかしく。
『大海戦秘史-黄海海戦編』より

なお、小笠原大尉が「生命のやり取りしつつありし猛者連かと思えば、何とはなしに涙ぐましく相成り候」と語っているのには、一方でこんなエピソードがあります。

小笠原大尉は、いつも訓練に使う長剣を吊って後甲板に上がると、先任の砲術長八代六郎大尉にどやされます。

「おい、激戦になるぞ。いざという時には、艦を敵に衝突させ、刀を抜いて敵艦に踊り込み、切って切って切りまくるのだ。いつものサーベルでは、なまくらで役にたたないぞ。それ!君の家宝の名刀の切れ味を試せ」

小笠原大尉は私室に走り、小笠原家伝来の二尺三寸毘沙門丸の陣太刀を持ち出し、兵児帯を肩からかけてぶら下げます。だが戦闘中に至近弾の爆風をうけて尻餅をついた際、太刀が物にはさまって起きられず、危うく治療室へ運ばれそうになったのでした。

以上、この海戦に於て清国艦隊の損害は経遠・致遠・超勇の3艦は撃沈、揚威は焼毀、その他大損害を受けたもの多数りましたが、日本は大破2隻のほかは被害軽微。これにより黄海の制海権を日本が掌握し、平壌攻略とともに日清戦争の帰趨を決定づけたのでした。

拍手する

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ 人気ブログランキングへ

関連エントリー


Comments:0

Comment Form

Home > 1894年(明治27年) > | 聖徳記念絵画館 > 日清戦争「黄海海戦」

Twitter

坂の上の雲 on Twitter

坂の上の雲 on Twitter

Information
Books

「明治」という国家

Calendar
« 2009年9月 »
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
Search
Photos
Tag Cloud
Links
Feeds
Blog Parts

あわせて読みたいブログパーツ

Return to page top