Home > 1866年(慶応2年) > 寺田屋騒動(坂本龍馬襲撃事件)

寺田屋騒動(坂本龍馬襲撃事件)

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

坂本龍馬
坂本龍馬

薩長連合1866年(慶応2年)1月21日、目出度く成立しました。

その斡旋の大役を果たした坂本龍馬はすっかり朗らかな気持ちになり、京都の薩摩屋敷から、仮の宿と定めている伏見の寺田屋に帰って来たのは、1月23日の八つ時(今の午後10時頃)でした。

待ちかねていた長州藩の三吉慎蔵が

「この度の大役を果たされて目出度い目出度い」

と二階座敷で一献傾け始めます。

すると敏くもそれと知った伏見の町奉行、林肥後守配下の捕手多数が寺田屋を包囲したのでした。

折りよく同宿の養女お龍が入浴中で、湯殿の窓から怪しげな人影にどきりとし、浴衣をひっかけたまま裏梯子伝いに二階へ駆け上がり、急を龍馬に告げたので、

「来たか」

とすくと立ち上がり、高杉晋作から餞別に貰った6連発の拳銃を持って構えます。三吉はわざと間の襖を取外し燈を吹き消して、

「さあいつでも来い」

と手槍を持って構えます。

すると、その闇の中を真先に乱入した捕手が、忽ち三吉の手槍に芋差となり、左右から多勢を頼んで斬りかかった者達は、6連発の威力でアッとのけぞります。

うかつに近づけぬと見た捕手は、槍を投げるやら火鉢を放るやらの大乱闘となったのでした。

しかし何をいうにも多勢に無勢、手間どっては見方の不利と、捕手の陣がたじたじとなったその隙に、二人は身を躍らして戸外に飛び出し、とある材木置場に隠れます。

「俺はここで切腹する」

と言う三吉を龍馬は思い止まらせ、二人は川端に下りて血を洗い、さらに夜更けの街を走って、薩摩屋敷に駆け込みました。

既にお龍の急報で、寺田屋の遭難が薩摩屋敷に報告されていたので、留守居役の大山彦八が両人の姿を見ると

「逃げられて何よりだった」

と大喜びで迎えてくれたのでした。

翌朝、京都の西郷吉之助(隆盛)がこの事を知ると火のように怒って、自ら兵を率いて伏見奉行へ交渉するというのを、吉井幸輔(友実)が漸く押なだめて止めさします。そこで西郷は二人の怪我人のため、木原泰雲という外科医を差向け、兵一個小隊を特派して水も洩らさぬ警備をしてくれます。

伏見の奉行所では、寺田屋の二階で多数の死傷を出した上に二人の消息踪跡を失ったので、口惜しがり、やむなく二人の手荷物などを押収して引揚げますが、後になって薩摩屋敷に潜伏しているのを嗅ぎつけ、表向きに引渡しを求めて来ました。

薩摩屋敷では留守居役の大山彦八が知らぬ存ぜぬの一点張りで、てんでその要求を受付けません。奉行所でも相手が悪いので、遂に手も足も出せず、指をくわえて眺めているより外はありませんでした。

拍手する

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ 人気ブログランキングへ

関連エントリー


Comments:0

Comment Form

Home > 1866年(慶応2年) > 寺田屋騒動(坂本龍馬襲撃事件)

Twitter

坂の上の雲 on Twitter

坂の上の雲 on Twitter

Information
Books

「明治」という国家

Calendar
« 2010年1月 »
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
Search
Photos
Tag Cloud
Links
Feeds
Blog Parts

あわせて読みたいブログパーツ

Return to page top