Home > 1862年(文久2年) > 坂本龍馬の脱藩

坂本龍馬の脱藩

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

坂本龍馬

土佐藩の勤王家坂本龍馬が、志を抱いて決然脱藩を企てたが1862年(文久2年)3月24日の事でした。

各藩の勤王愛国の同志と交わるに従い、天下の形勢愈々座視するに忍べなくなった龍馬は、いっそ藩を脱して自由な浪人となり、思うさま国事に奔走したいという願望に燃立ち、この日夕刻、飄然として家を出ます。

家の者には内緒としながらも、男優りの姉乙女だけには心事を打明けて暇乞をしたので、強いて止めようともせず、別れ際に肥前忠広の銘刀を餞としてくれたのでした。

龍馬は28歳の血気盛り、彼と行を共にして郷里を出たのは沢村惣之丞唯一人。
又、これを見送る者も河野万寿弥一人だけで、心から二人の首途を祝ってくれた。

脱藩以来の龍馬は、その名もわざと才谷梅太郎と称して、先づ京都に上り、更に江戸へ志した。そして間もなく幕臣中第一の先覚者勝海舟の門に入り、航海術や海戦法を学ぶうち、海舟からも大いに彼の才幹を認められ、坂本の如き大人物を浪人としておくのは土佐藩の為に損失、本人の将来の為めにも帰藩させ度いたいうので、特に藩主の周施の労を取ったのもそれから後の事になります。何れにしても龍馬の脱藩は彼が世に乗出す第一歩でありました。

拍手する

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ 人気ブログランキングへ

関連エントリー


Comments:0

Comment Form

Home > 1862年(文久2年) > 坂本龍馬の脱藩

Twitter

坂の上の雲 on Twitter

坂の上の雲 on Twitter

Information
Books

「明治」という国家

Calendar
« 2010年3月 »
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Search
Photos
Tag Cloud
Links
Feeds
Blog Parts

あわせて読みたいブログパーツ

Return to page top