Home > 1878年(明治11年) > 日本最初の電燈点火

日本最初の電燈点火

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

電灯

1878年(明治11年)3月25日、東京に中央電信局が開所式を挙げたのですが、その祝賀会式場に於て初めて電燈点火の実験が発表されました。

この実験には工部大学のエアートン教授が指導の任に当り、藤岡市助、中野初子の両氏が、会衆の前でグローブ電池を用い白熱孤光燈を点火して見せました。

電気燈の噂だけは知っておきながら、実際に目の当たりにしたのはその時が最初だったので、人々は思わず驚異の眼を瞠ったと言います。

拍手する

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ 人気ブログランキングへ

関連エントリー


Comments:0

Comment Form

Home > 1878年(明治11年) > 日本最初の電燈点火

Twitter

坂の上の雲 on Twitter

坂の上の雲 on Twitter

Information
Books

「明治」という国家

Calendar
« 2010年3月 »
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Search
Photos
Tag Cloud
Links
Feeds
Blog Parts

あわせて読みたいブログパーツ

Return to page top