Home > 1857年(安政4年) > 唐人お吉、玉泉寺へ奉公

唐人お吉、玉泉寺へ奉公

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

唐人お吉物語

「駕籠で行くのはお吉じゃないか」と流行唄にまで歌われた俗称唐人お吉が、伊豆下田の玉泉寺へ奉公のため、仕度金を受取ったというのが、1857年(安政4年)5月24日の事でした。

当時の覚書に依りますと、

一金二十五両、右は玉泉寺滞在の異人よりきち仕度金の為書面の金子相渡り候段、申聞かせられ金子御渡成され慥に請取申候也。 きち、姉もと、同人母きわ(印) 安政四丁巳年五月廿四日、町方御役人衆中

と記されています。

即ちお吉を一躍有名にした、玉泉寺奉公はこの日から始まって、8月22日まで三ヶ月続いたのでした。

ところで玉泉寺に小間使奉公に出た少女は、お吉の他にお福、おさよ、お清、お松の4人でありました。何れも15歳乃至17歳で、中でもお吉の奉公が最も期間が短く、お松の如きは最も長く1年間も勤めています。

  • お吉 (安政4年5月24日~8月22日)
  • お福 (安政4年5月27日~10月4日)
  • 小夜 (安政5年7月1日~12月14日)
  • お清 (安政5年2月5日~12月5日)
  • お松 (安政5年2月12日~安政6年2月9日)

どうしてお吉独りばかりが有名になったのかは、玉泉寺滞在の主人たる領事タウンゼント・ハリス専属であったことに依ります。

ハリスが江戸幕府の役人と度々折衝し、日米両国間の国際関係を進捗させようとしながら、幕府側の逡巡で事は遅々として進まず、常に癇癪ばかり起していた。ハリスの寵を一身に集めたお吉であった事は言うまでもありません。

しかし、世人は彼女の苦労や功績を認めてやらず、同情もしなかったばかりか、却って散々に嘲笑したので、50歳で稲生沢川に投身自殺するまで、朝夕の自棄酒でその生涯を淋しく終ったのでした。

拍手する

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ 人気ブログランキングへ

関連エントリー


Comments:0

Comment Form

Home > 1857年(安政4年) > 唐人お吉、玉泉寺へ奉公

Twitter

坂の上の雲 on Twitter

坂の上の雲 on Twitter

Information
Books

「明治」という国家

Calendar
« 2010年5月 »
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
Search
Photos
Tag Cloud
Links
Feeds
Blog Parts

あわせて読みたいブログパーツ

Return to page top