Home > 1863年(文久3年) > 土佐藩勤王家(平井収二郎、間崎哲馬、弘瀬健太)3名の切腹

土佐藩勤王家(平井収二郎、間崎哲馬、弘瀬健太)3名の切腹

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

土佐藩の勤王家平井収二郎、間崎哲馬、弘瀬健太の3名が、青蓮宮の令旨を奉じ、土佐藩の主な門閥家に迫り従来の俗論党佐幕派の空気を、尊王攘夷の一色に改革させようと促したのが、却って危険人物視され、1863年(文久3年)6月8日、3名に、切腹を命じられて、見事に割腹して相果てたのでした。当時平井が29歳、間崎が30歳、弘瀬が28歳の若盛りでありました。

これを知って憤激したのは、同藩の志士武市半平太でした。

武市半平太

彼は麻上下に威儀を正し、山内容堂公の面前に迫り、

「平井、間崎、弘瀬3名に対するこの度のご成敗は、誠に意外千万、沙汰の限りと存じます。三君何れも我が藩の忠臣として見る処ある傑物でありました。然るに思いがけなくもこの度の御処分は何事でありましょう」

と詰責し、容堂公が何か言おうとするのを押え、尚も語を強くして、

「お上はいつも徳川家の御恩のことを仰せられますが、二千年の皇恩と、二百年の私の恩とは、何れを重しとなされますか」

と何の恐るる色もなく諌めたので、流石の容堂公も答弁に窮したという逸話があります。

後に、平井、間崎、弘瀬の3名に対しては、1891年(明治24年)末、従四位を追贈される事になります。

拍手する

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ 人気ブログランキングへ

Comments:0

Comment Form

Home > 1863年(文久3年) > 土佐藩勤王家(平井収二郎、間崎哲馬、弘瀬健太)3名の切腹

Twitter

坂の上の雲 on Twitter

坂の上の雲 on Twitter

Information
Books

「明治」という国家

Calendar
« 2010年6月 »
    1 2 3* 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
Search
Photos
Tag Cloud
Links
Feeds
Blog Parts

あわせて読みたいブログパーツ

Return to page top