Home > 大河ドラマ Archive

大河ドラマ Archive

「坂の上の雲」のドラマ化、またもや延期!

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

坂の上の雲のドラマ化について、久しぶりにNHKより発表がありました。

ドラマでは、日韓両国を舞台に、時代の波に翻弄されながらも、愛と希望を信じて生きた日本人女性の軌跡を、実話にもとづいて描く大型ドラマを放送します。また、近代国家の第一歩を記した明治という時代を描く、司馬遼太郎の代表作「坂の上の雲」のドラマ化は、21年度からの放送をめざして制作を開始します。平成19年は日中国交正常化35周年を迎えます。これを記念した特集番組の制作にも取り組みます。

日本放送協会「理事会議事録」(12月11日開催、12月26日公表)より

平成19年度から制作が開始されます。
ただし、平成20年放送予定が、またもや延期されて平成21年となりました。
(ここまで待たされると、正直疲れます...)

ただ、楽天的に考えるならば、平成20年の大河ドラマは「篤姫」と既に決定していますが、平成21年はまだ発表されていません。もしかしたら、毎週日曜日の大河ドラマ枠で放送される可能性もでてきました。というよりも、ここまで延長したのだからそうあって欲しい、否、そうすべきだと思います。

播磨灘物語

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加
播磨灘物語〈4〉勘兵衛は隠居が許されれば、
「如水」
という号をつけようと思っていた。「身ハ褒貶毀誉ノ間ニ在リト雖モ心ハ水ノ如ク清シ」という古語からとったのであろう。あるいは「水ハ方円ノ器ニ随フ」という言葉を典拠にしているのかもしれず、いずれにしても勘兵衛という男の号らしい。

『播磨灘物語』(如水)より

司馬遼太郎氏の『関ヶ原』の後半に登場してくる黒田勘兵衛こと黒田如水に惹かれて、『播磨灘物語』を読んでみました。

続きを読む

『功名が辻』と『風林火山』の共通キーワードは「板垣」

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

風林火山来年の大河ドラマの原作である井上靖著『風林火山』を読みました。読むきっかけになったのは、武田四天王の一人板垣信形(方)に興味があったから。

板垣信形と山本勘助との出会いはとても面白かったですが、その後は淡々と話が進み、淡々とする中であっけなく板垣信形が討ち死にしてしまいます。(討ち死にのシーンもありません!)
そもそも、この本を手にした時の第一印象が、「えっ、これだけなの」と、この一冊だけというのに驚き、思わず短篇集かと思ったぐらいで、にも拘らず、この一冊300ページ程度に山本勘助が仕官して川中島までの話をおさめるのですから仕方ないといえば仕方ないですが...

続きを読む

勝って兜の緒をしめよ

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

本日、司馬遼太郎の『関ヶ原』を読破しました。
NHK大河ドラマ『功名が辻』も、とうとう「関ヶ原」が近づいてきましたので、おさらいということで読んでみました。同じ作者なのに『功名が辻』と『関ヶ原』では同じ場面でも視点を変えて描いていて面白いです。とくに小山軍議では『功名が辻』を引っ張り出してきて比較しながら読んでしまいました。

その『関ヶ原』ですが、やはり印象に残ったのは、家康が勝利を確信した時にとった行動です。

関ヶ原〈下〉「兜をもて」
と、家康は松の枝の下でいった。家康は合戦中、ついぞ兜をかぶらなかった。(中略)
「召されるのでございますか」
と、小姓は念をおした。
家康はうなづき、兜をわが手でささげるようにして持ち上げ、それを、月代の薄れた頭蓋にかぶせた。
緒を締め、忍ぶ緒をむすび、やがて結びおわって、
――勝って兜の緒をしめよ、というのはこのことだ。
と、上機嫌で警句を吐いた。

『関ヶ原』(藤川台)より

続きを読む

司馬遼太郎と山田風太郎

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

近頃のDVDレコーダーにはキーワードを設定しておけば自動で録画してくれる機能があり、毎日番組表をチェックしなくてもいいので、ものぐさな私にはとてもありがたい機能です。

そのキーワードでNHK教育テレビの「私のこだわり人物伝」が録画されていた。キーワードに「司馬遼太郎」を登録していたので、「山田風太郎の大ウソと司馬遼太郎の小ウソ」というテーマでひっかかったみたいです。

続きを読む

運のいい人

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

坂の上の雲で「運のいい人」といったら、「東洋のネルソン」と称された東郷平八郎高陞号事件での彼の判断が評価され、後に連合艦隊司令長官に抜擢される。(それが理由で「運がいい人」というのもなんだかなとは思うが...)

続きを読む

智謀福のごとし

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

古今東西、有能な策士と呼ばれる人物には「智謀○○のごとし」というフレーズが当てはめられる。
日本海海戦の参謀・秋山真之も「智謀湧くがごとし」と呼ばれている。

続きを読む

「功名が辻」が不振?

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

大河ドラマ「功名が辻」が不振?(Yahoo!ニュース)

って、どこがだろう。
第一話、第二話とも凄くおもしろかったけど。
私的には久しぶりにワクワクする作品だし、1年間欠かさずに見続けたいと思うドラマです。

功名が辻

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

山内一豊公
(愛知県一宮市木曽川町 黒田城跡にて)

続きを読む

Index of all entries

Home > 大河ドラマ Archive

Twitter

坂の上の雲 on Twitter

坂の上の雲 on Twitter

Information
Books

「明治」という国家

Search
Photos
Tag Cloud
Recent Comments
  • くじら: 貴重な資料をゲットさ read more
  • mijeoung Park: とても貴重なしりょう read more
  • 匿名: ダンディ坂野だな read more
  • 黙魚: たのしく読ませていた read more
  • ジョウンベラ: 絵の中心にいる人物は read more
  • ジョウンベラ: 絵の中心にいる人物は read more
  • 紀州: ひさしぶりにおじゃま read more
  • 和田壽弘: 日本最初の博士の一人 read more
  • 匿名: 最後の行、”戦士”で read more
  • Yuki: タケオさんの写真が素 read more
Links
Feeds
Blog Parts

あわせて読みたいブログパーツ

Return to page top