Home > 広瀬武夫 Archive

広瀬武夫 Archive

秋山真之と広瀬武夫、海外留学を命ぜられる

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

秋山真之
米国留学中の秋山真之(大尉)

1897年(明治30年)6月26日、明治海軍は日清戦争のため中断されていた留学制度を再開し、選抜した5人の海軍大尉を留学生として欧米諸国に派遣します。

この時選ばれたのが、イギリスに財部彪大尉、フランスに村上格一大尉、ドイツに林三子雄大尉、ロシアに広瀬武夫大尉、アメリカには秋山真之大尉が選ばれました。

どれもこれも帝国海軍が誇る選り抜きのエリート達でした。

財部は海軍兵学校を首席で卒業(15期)、村上は次席で卒業(11期)、林は第三位で卒業(12期)、そして秋山真之1890年(明治23年)に首席で卒業(17期)しています。

ただこの中で異色だったのが広瀬武夫でした。

続きを読む

広瀬武夫、死す (第二回旅順口閉塞作戦)

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

広瀬武夫の絶筆
広瀬武夫の絶筆

1904年(明治37年)2月24日の第一回旅順口閉塞作戦に失敗した日本海軍は、それから約一ヵ月後の3月27日に第二回閉塞作戦を決行します。

続きを読む

生誕140周年「秋山真之と広瀬武夫」

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

生誕140周年「秋山真之と広瀬武夫」 ~天の道、剣の道~
生誕140周年「秋山真之と広瀬武夫」 ~天の道、剣の道~

1868年(慶應4年)3月20日、秋山真之が誕生しました。
そして、2008年の本日20日で誕生からちょうど140年を迎えました。

続きを読む

苦肉の策、旅順閉塞隊の編成(日露海戦)

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

旅順
「Google Earth」で見た現在の旅順港

日露戦争の海戦ににおいて東郷司令長官が第一回の旅順閉塞隊を編成したのが、1904年(明治37年)2月19日でした。

続きを読む

テレビ業界初の3時間ドラマ『海は甦える』

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

1977年(昭和52年)8月29日、テレビ業界初の3時間ドラマ『海は甦える』(TBS系、夜9時)が放送されました。(原作は江藤淳著『海は甦える』

山本権兵衛(仲代達也)、広瀬武夫(加藤剛)の青春を描いた感動巨編だったそうです。

一度見てみたいです。

「シベリアの雪解けさ」、広瀬少佐のシベリア横断

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

広瀬武夫は、1897年(明治30年)~1902年(明治35年)にロシア留学しますが、日本へ帰国の際に旅順港を視察を兼ねて、極寒のシベリアをソリで単独横断しています。

坂の上の雲〈3〉最初たれだろうと真之はおもった。見まちがえたのは、本来色白なはずの広瀬の顔が黒くなっているだけでなく、その挙措にどこか、日本人ばなれをしたにおいをつけてしまっているせいでもあった。(中略)
「この顔か」
と、広瀬は真之があたえた椅子に腰をおろすと、シベリアの雪解けさ、といった。
きくと、極寒のシベリアをソリで横断したという。

坂の上の雲』(風雲)より

そして、これがその時の写真です。

続きを読む

旅順港外、恨ぞ深き、軍神広瀬と其の名残れど

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

1904年(明治37年)3月27日、第二回の旅順口閉塞作戦が行われ、福井丸の広瀬武夫少佐と杉野孫七上等兵槽との二人の戦死者を出しました。

特に広瀬少佐の戦死は、初めての中堅将校の戦死となりました。

坂の上の雲〈3〉 あとはボートをこぎつづけるのみである。広瀬はオーバーの上に引廻しを羽織り、ボートの右舷最後部にすわって、ともすれば恐怖で体がかたくなろうとする隊員をはげまし、
「みな、おれの顔をみておれ。見ながら漕ぐんだ」
と、言ったりした。探照燈が、ボートをとらえつづけていた。砲弾から小銃弾までがまわりに落下し、海は煮えるようであった。
そのとき、広瀬が消えた。巨砲の砲弾が飛びぬけたとき、広瀬ごともって行ってしまったらしい。

坂の上の雲』(旅順口)より

続きを読む

三越の創始者日比翁助と海軍

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

三越呉服店の店内
三越服店の店内

1904年(明治37年)12月20日、東日本橋の三井服店が、株式会社三越服店と改称します。

続きを読む

講道館と嘉納治五郎

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加
坂の上の雲〈2〉兵学校の一期上でとくに親しかった広瀬武夫のことである。(中略)
風変わりな男で、兵学校のころから柔道に熱中し、任官後もひまをみつけては東京の講道館にかよい、嘉納治五郎から直接の指導をうけていた。明治二十三年「海門」乗組の少尉候補生のころ講道館紅白大試合に出場し、黒帯五人をつづけざまに投げ六人目でやっとひきわけになったという講道館開設いらいはじめてという記録をたてた。

坂の上の雲』(渡米)より

広瀬武夫の柔道の段位は四段でした。そして戦死後は六段を贈られています。

柔道 六段免状

四段 広瀬武夫
忠勇と思慮とを天下に示し講道館に柔道の精神を発揮せり依て六段を贈る
  明治三十七年四月八日

講道館師範 嘉納治五郎

講道館は、1882年(明治15年)嘉納治五郎が、古来の柔術を改良して新時代の武道「柔道」の普及を目指し東京下谷の永昌寺で開いた道場です。

最初は門人9名、畳12畳の道場でしたが、嘉納治五郎が直々に柔道の解説し、形と乱取りの実演も披露しつつ門人を増やし、後に九段の品川弥二郎邸や本郷の陸軍施設を借用しながら、93年に小石川に移転し、94年道場を新設して、柔道界の中心的施設となりました。

日本での講道館柔道入門者が増加する一方で、外国人の見学者も増え、1901年(明治34年)12月16日には、イギリス公使マクドナルドらの一行約60名が講道館に訪れます。これを機に柔道が世界に広がってゆきます。

嘉納治五郎は、1909年にアジアで最初の国際オリンピック委員会(IOC)委員となり、11年には大日本体育協会初代会長に就任し、そして12年(大正元年)第5回オリンピック大会に団長として参加するなど、国際的に活躍しました。

広瀬武夫、友人財部彪の結婚を反対する

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加
  • Posted by: sakanouenokumo
  • 2006年6月 8日 23:45
  • 広瀬武夫

軍神広瀬中佐壮烈談広瀬武夫財部彪海軍兵学校の同期(15期)でもあり、互に認める友人であった。

その財部彪山本権兵衛海相の娘を娶る事になった。広瀬はその報に接して驚き、
「これはいかん、財部のためにはなはだ不利益な結婚だ。これは止めねばならん」
と山本海相の邸に走る。山本海相に面会することができた広瀬は、海相を前にして声大にして曰く、

「財部はご承知の通り海軍部内の秀才です。前途多望の男です。一身の栄達は固より期して待つべきで、僕等友人の固く信ずる所です。然るに今度お娘子と結婚の約が調ったそうですが、今財部が海軍大臣の娘婿となるにおいては、今後財部が自分一個の力によって、官職は位階の昇進する事があっても、世間ではこれを以て全く海軍大臣のおかげであるとする。海軍大臣の娘婿であるからだとして、非難こそあれど、誰も財部の技量を認める者はいないでしょう。だからこの結婚は財部の為に甚だ不利益で、財部の為に惜しまざるを得ません。この結婚は破談にして戴きたいことを僕は切に希望します。僕は財部の友人として、衷情黙視するに忍びないからお諌めに参りました。」

と結婚の中止を諫言した。

しかし、広瀬武夫の諫言は聞き入られず、財部は山本海相の娘婿となる。

広瀬武夫と清水次郎長

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加
  • Posted by: sakanouenokumo
  • 2006年5月29日 23:22
  • 広瀬武夫

軍神広瀬中佐壮烈談かって海軍軍人が駿州の清水港に上陸したことがあった。
その時50名程打連れて、名代の侠客清水次郎長親分を訪ねた。ところが、次郎長は一同を見渡して、
 「イヤこう見たところで男らしい男は一匹もいねーな」
と傍若無人に言い放った。

あまりの暴言に、度肝を抜かれていると、座中の中から一人の若い士官が現れて、
 「おうおう、そう言うなら、一つ手並みを見せてやるから、びっくりするな」
と言いはなち、いきなり鉄拳を固めて、自分の鳩尾(みぞおち)を5、60発程続け様に撲った。

これには次郎長もほとほと感心して、
 「なるほど、お前は男らしい」
と云って、それからお互いに胸襟を開いて話をしたという。

この男らしい男は即ち軍人らしい軍人としてその一生を終った広瀬武夫その人であった。

広瀬武夫 - 『百字文百人評』

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加
  • Posted by: sakanouenokumo
  • 2006年4月24日 22:19
  • 広瀬武夫
旅順閉塞指揮官としての其の目的に行く。敵弾雨の如し三度び部下杉野兵曹長を物色し海圖(かいず)を振りて艇の操縦を指揮し身を以て士卒を掩護す。偶敵弾來り君が全身を掠めて飛び僅に一片の肉を留む。天下其の英風を傳へ軍神と稱す。
(『百字文百人評』湯朝観明著・明治38年刊より:近代デジタルライブラリー

広瀬武夫杉野兵曹長

男軍人 女は工女 糸をひくのも国のため

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

明治政府は1872年(明治5年)、群馬県に富岡製糸場を開業し、以後「富国強兵」「殖産興業」を合言葉に次々と官営模範工場を開設し、その生糸の輸出により外貨を獲て、外国より戦艦を購入しました。「男軍人 女は工女 糸をひくのも国のため」と工女節で歌われるように日本の経済を底辺で支えたのは、貧しい農家の娘など、まだ10代半ばの少女たちでした。 しかし、 「工女」の労働実態は、過酷で1日15時間以上にも及ぶ長時間労働と劣悪な職場環境により若い生命が奪われたといいます。

続きを読む

雲の下の風景:海軍中佐広瀬武夫(飛騨高山)

Social Bookmarks: このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーのはてなブックマーク数 Yahoo!ブックマークへ追加 add to del.icio.us Buzzurlへ追加 livedoorクリップへ追加 ニフティクリップへ追加

本日は、日露戦争開戦時に旅順港閉塞作戦で戦死した、海軍少佐広瀬武夫(没後中佐)の育った飛騨高山(生れは大分県です)に行ってきました。城山公園内の"中佐平"というところに彼の銅像(胸像)が建てられています。

広瀬武夫

新しいカメラになったので、ちょっとシーンにもこだわってみました。
しかし、この銅像ほんとうにうまくできている。なんかこう精気を感じる。
広瀬武夫

広瀬武夫

Index of all entries

Home > 広瀬武夫 Archive

Twitter

坂の上の雲 on Twitter

坂の上の雲 on Twitter

Information
Books

「明治」という国家

Search
Photos
Tag Cloud
Recent Comments
  • くじら: 貴重な資料をゲットさ read more
  • mijeoung Park: とても貴重なしりょう read more
  • 匿名: ダンディ坂野だな read more
  • 黙魚: たのしく読ませていた read more
  • ジョウンベラ: 絵の中心にいる人物は read more
  • ジョウンベラ: 絵の中心にいる人物は read more
  • 紀州: ひさしぶりにおじゃま read more
  • 和田壽弘: 日本最初の博士の一人 read more
  • 匿名: 最後の行、”戦士”で read more
  • Yuki: タケオさんの写真が素 read more
Links
Feeds
Blog Parts

あわせて読みたいブログパーツ

Return to page top